アグリテクノ矢崎株式会社 ホーム > よくある質問 > 製品全般に関する質問 > 使用方法に関して

よくある質問

製品全般に関する質問 > 使用方法に関しての質問一覧

乾燥したまま播ける?

乾燥状態では種子に充分な水分を供給できませんので、必ず水戻ししてからご使用下さい。

保存期間は?

加工後6ヶ月とさせて頂いておりますが、開封後は速やかにご使用下さい。

どうやって播く?

「タネまる」は弾力がありますので手で触っても潰れません。
トレイ数枚程度でしたら手播き可能ですが、播種粒数が多い場合は播種板、播種機も用意しております。
→播種板の詳細はこちら

溶解剤って何?

「タネまる」のゲル層を分解する天然の酵素で、環境には影響を与えません。
「タネまる」は溶解剤なしでも自然に分解していきますが、乾燥するとフィルム上になって種子の生育を邪魔する可能性があります。
また、溶解剤は「タネまる」付属品としてお送り致しますので、別途ご注文頂く必要はございません。

播種した後も「タネまる」は水分を維持できる?

土に播いた後の「タネまる」は徐々に分解されていくため、水分を保ち続けることは出来ません。
特に芽出しして播種する場合は、乾燥してしまうと動き出した種子が死んでしまいますので潅水には特にご注意下さい。